パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/22(月)10:09
テレビ録画PCと17インチディスプレイ
今まで、リビングルームPCをTV録画専用PCとして運用してきたのですが、アナログ放送停波が近づき、そろそろ地デジに対応していかなければならないということで、地デジ対応チューナーを購入してみました。
ピクセラのPIX-DT090-PE0です。
よりボードサイズが小さく消費電力も少ないPIX-DT096-PE0がほしいところですが、WindowsXPには対応しないため、これになりました。

当然ながら、マザーボード、CPU、メモリも買い替えとなりました。
マザーボードは、ASUS P5Q-EM、CPUは、Pentium Dual-Core E2140です。
ちなみに、以前は、Turion64+K8MM-Vでした。

組み立てやセットアップの部分は省いて、このTVチューナーカードを少し使ってみて分かったことを列挙します。
・ビデオカードを交換しても、交換前に録画した番組は見られる。
・アナログRGBでの接続の場合、HDCPに非対応なため52万画素以下に制限されてしまうが、17インチのディスプレイ(IIYAMA ProLite E1702WS、解像度1440×900)で見る限り、遜色ない。
・しかし、StationTVでは、S-Videoからの出力をサポートしていないため、わが家のテレビに表示することはできない。
・ドライバ、ソフトウェアの安定性は高い。
・Pentium Dual-Core E2140(1.6GHz×2)と推奨スペックを下回っているが、視聴時、録画番組再生時の映像はスムーズ。ただし、StationTVのマウス操作でのレスポンスは低く感じる。しかし、専用リモコン(PIX-RM015-PUW)を使ってみると思いのほか快適。
・予約録画する前に、節電のためにディスプレイの電源を切っておくと、後で見ようとした時にテレビも映像も表示されない。いったんStationTVを終了、再起動すればOK。
・おまかせ録画(キーワード検索による自動予約録画)には対応していないのは不便。

おおまかな結論としては、今のところ、このPCで録画・視聴する分には快適に使えそうだということが分かりました。
強いて言えば、ムーヴするためのCPRM対応DVDドライブがないくらいですが、これは買えば済む話。

ただ、私がやりたいのは、録画した番組を今までのように、家の中の他のところでも見られるようにしたいということなのですが、これはなかなか難しそうです。

今後、理想としては、リビングルームPCで録画し、それを他のPCや他の部屋のテレビで視聴できることなんですが、デジタル放送をネットワーク経由で再生するためには、DLNA/DTCP-IPに対応した環境を構築しなければなりません。
民生用機器ならば最初から対応しているものを購入するだけで済む話なのですが、自作PCや、もともとDLNA/DTCP-IPに対応していないPCを後から対応させるのは、ここらへん(http://www19.atwiki.jp/thinkpad/pages/18.html)を見ると、かなり難しそうです。
メーカー製PCで対応しているものがあるにせよ、サーバー側とクライアント側の両方を丸ごと買い替えるとなると、かかるコストはかなりのものですし、テレビとの互換性、静音性など、別の問題も出てくるかもしれません。
手っ取り早いのは、DTCP-IPに対応したTVチューナーカード製品(対応したソフトウェアを同梱した製品と書くべき?)を購入することですが、TVチューナーカードは、あくまで安定動作、機能性、使いやすさが前提になるので、DTCP-IPに対応しさえすればよいというものではありません。
自作PCなどにも適用できるソフトウェアがあればよいのですが...。

そういうことから、家中のPCから見るということは今は選択肢にはなくて、以下のどちらかになりそうです。

・リビングルームPCで録画。DLNA/DTCP-IPには非対応なため、もっぱらリビングのテレビで見る。
(メリット)
・TVチューナーカードが壊れない限り、録画データを見られなくなる心配がない。
・(ピクセラの場合)録画データを移行する方法が用意されている。
(デメリット)
・他の場所で見たい場合、DVDやブルーレイにダビングあるいはムーヴして、しかもCPRMに対応した環境でなければならない。
・デジタル対応テレビに買い替えることが前提となるが、DVI-D入力を備えたテレビは少なくなっているようで、PC側のビデオ出力の選択肢が狭くなる。

・専用レコーダー(DLNA/DTCP-IPに対応)で録画。ネットワークメディアプレーヤーを用意して他の部屋のテレビ(DLNA/DTCP-IPに非対応)でも見られるようにする。
(メリット)
・録画機能の安定性。
・他の場所でも見られるのは大きい。
(デメリット)
・録画データの引き継ぎができないため、例えば光学ドライブが壊れた場合など、途方に暮れることになる不安がある。修理・部品交換できても、高くつきそう。

だいたいこのような感じなんですが、今すぐということではありません。
間違いないのは、そのうちテレビを買い替えること、その時、今使っているテレビも残す(地デジチューナーを購入)ことくらいです。

続く
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ |  Next
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。