パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/02(土)23:58
パソコンのディスプレイというと、今はワイドタイプが当たり前ですが、自分の職場では、デスクトップタイプだと未だに17インチのスクエア、1280×1024の解像度のものになるんです。

さすがに今の時代には画面が小さいのではないか?

独自に大きいディスプレイのPCを調達しているところもあるようですが、必然的に横長になってしまいます。

確かに大きくなることは作業効率の面でプラスになるでしょうが、現在の作業を考えたとき、そんなに横幅が必要か?と思うわけです。

自宅ではYouTubeで動画見たりとか、ワイド画面に適応したスタイルの使い方になっていますが。

ExcelにしてもWordにしても、WEBで情報を検索するにしても、情報は上から下へ続いていく。
そういう意味では、横幅よりも縦の解像度のほうがより有効だと思います。

ワイドタイプだと、フルHDの解像度が1920×1080だから、17インチのスクエアと比べても縦の解像度はあまり変わりないですね。

そこで思ったのが、昔ブラウン管のディスプレイ(17インチ)を使っていた頃、1280×1024の上に1600×1200の解像度があったなぁ、ということで、調べてみたのですが、一般向けとしては、そのタイプはほぼ死亡状態。

街のパソコンショップの中古コーナーに以前数台並んでいた気がして行ってみたのですが、現在はなし。

しかし、ヤフオクをのぞいてみると、けっこう流通していました。
インチとしては、20インチになるのかな?

その中で良さそう、というか安くても使えそうなのを落札。
IBMブランド。送料込みで2千円台。これは安い。

外観も状態良し。
アナログRGB接続だと少しぼやけた感じですが、DVI接続にしたら明瞭。

難点としては輝度が低く画面が暗めなのと、少し使っていると画面の上の方に輝度ムラが出てくるのがありますが、ビジネス用途としては十分使える。

私物を職場に持ち込むのはどうかっていうのもありますが、ディスプレイに関しては、うちの職場では問題なさそう。

何より、1600×1200の解像度は快適。もう17インチには戻れません。

しかし、一般向けとしては、スクエア型はいずれなくなるんでしょうね?
せめて16:9じゃなくて16:10の少し縦長のタイプを使っていきたいのですが、それすらマイナーな存在のようですね。

横長ディスプレイを有効に使う方法、例えば、既にあるかもしれませんが、画面を左右で分割して、画面の下にあふれた情報は横に表示していくようなスタイルになっていくのでしょうか。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ |  Next
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。