パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/18(月)18:58
テレビ録画専用PCのハードディスクの空き容量がいつの間にか少なくなってしまい、録画されるはずの番組が録画されないということが起きてしまったので、急いで空き領域を確保することにしました。
一番簡単なのは録画ファイルをDVDメディアに焼いてしまうことなんですが、すぐに見れるようにハードディスクに残しておきたいものもあれば、まだ見ていないものもあったりで、ほとんどDVDに焼けるものはありません。
そこで、録画されたファイルをWindows Mediaにエンコードしてサイズを小さくすることにしました。
サイズを小さくするのであれば他にも方法は考えられるところですが、一番簡単で無料で手に入るということでWindows Media エンコーダを選択しました。
本当は、MPEG2をトランスコードしてくれる機能があればよいのですが、EX-VISION 1500TVとINFO.TV PLUSにはそういう機能はありませんので。

WMVへのエンコードにはフロントエンドを使うのが便利なのですが、テレビ録画専用PCは、AMDのCPUのせいなのか分かりませんが、フリーウェア「AzWM9SF」ではうまくエンコードできません。できることはできるのですが、エンコード時間が異常に短くて、できたファイルを再生してみると、緑色を帯びていて、しかも動画ではなくてスライドショーの状態です。これは、本家マイクロソフトのアプリ「Windows Media エンコーダ」でも同じです。メインで使っているPC(こちらはIntelのCPU)では問題なくエンコードできるのですが。

他のソフトを試してみたら、やはりフリーの「MPG2JP」できちんとエンコードできることが分かりました。こちらは映像を見ながらエンコードする範囲を設定できるので、無駄な部分をエンコードしなくて済むので便利です。また、Windows Media エンコーダのプロファイル、.prxファイルに対応しているので、「Windows Media プロファイル エディタ」でいくつかのプロファイルを用意しておいて必要に応じて.prxファイルを変えれば簡単に好みの設定でエンコードできます。
ちなみに、私は、品質ベースVBRで品質は55、70、80の3種類を用意しました。品質80だとかなり高画質です。それでもファイルサイズは余裕で半分以下になります(サイズがどれくらいコンパクトになるかは、もとの録画された映像にもよると思います)。

高圧縮で映像の品質が良いのがWindows Media エンコーダ9 シリーズの特徴ですが、エンコードにはかなり時間がかかります。これは仕方のないことでしょう。
アイオーデータだったか、ハードウェアトランスコード機能が搭載されているTVチューナーカードでは、エンコードにかかる時間もソフトウェアエンコの半分くらいらしいです。ちょっとうらやましいです。

テレビ録画専用PCでエンコードするのと同時に、メインのデスクトップPCからもネットワーク経由でエンコードして、ほとんどの録画ファイルをWMVに変換しました。
ディスクの空き領域も半分以上に増えました。

ハードウェアでMPEG4にエンコードできるキャプチャカードに興味が出てきました。でも、この先はVistaへの対応状況もあるし、地デジも視野に入れていかないといけないしで、ちょっと慎重にならざるを得ません。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ |  Next
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。