パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/24(火)20:43
前回は、EX-V7での花火大会の撮影のうち、静止画撮影の部分について書きました。
今回は、動画です。

ベストショットに花火用のモードがあります。
EX-V7では動画撮影の際にISO感度を指定することはできないので、通常の動画撮影モードではISO感度はオートとなってしまうのですが、この花火のモードではISO感度はかなり低くなっています(おそらくISO64では?)。
ホワイトバランスは太陽光、フォーカスは無限となります。

よく、EX-V7の暗所動画はノイジーと言われますが、これはISOオートの場合であって、花火モードではそんなことはありません(このため花火モードの設定を若干変えてマイベストショットに登録しておき、若干暗いもののノイズの少ない動画を撮影する方法もあるわけですが)。

今回の撮影では、スミアが若干発生しやすいような気がするものの、きれいな映像が撮影できました。
同じ条件ではないものの、DSC-MZ3に比べると良好な画質だと思います。過去に撮影したMZ3の動画では、若干ブロックノイズが目立っています。これもブラウン管モニターの時は気にならなかったのですが、液晶ディスプレイになってからは気がつくようになりました。
DSC-MZ3の動画は確かにすばらしいと思いますし、前からそう思ってきましたが、やはり時代は進んでいるのだろうと思いました。


バッテリーの持ちに関しては、全く不安を感じることがありませんでした。
今回、静止画143枚、動画はトータルで11分7秒を撮影、ストロボはOFF、マニュアルモードでは手ブレ補正ONのままだったのですが、バッテリーの目盛りは一つも減りませんでした。
CIPA規格で240枚の撮影が可能なので当然といえば当然かもしれません。

これまでの経験上、DSC-MZ3との比較になりますが、けっこう長持ちする感じがしています。
そういえば、DSC-MZ3はCIPA規格にものっとっていませんでしたね。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ |  Next
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。