パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/14(日)23:21
アクセス解析は滅多に見ないんですが、先日たまたまブラウザのところを見てみたら、Internet Explorer 7(以下、IE7)の比率が急激に増えていることに気付きました。
ここ2~3ヵ月でどんどん増えて、11月は完全に逆転していました。

個人的には、過去にIE7を導入したことはあったのですが、ClearTypeフォントがイマイチ見づらい(無効にできるんですが)のと、自分のWEBページの確認用にIE6が必要で(というのもIE6は他のブラウザに比べてCSSの解釈がおかしい部分があるようで、きちんと表示できるか確認しないといけない)、それに、タブ表示ならunDonutのままでもOKだったので、IE6に戻していたんです。

Firefoxも使用していますが、やはりWEBページの確認がメインです。
つまり、FirefoxとIE6の2つでページの確認をしてきたんです。OperaやChromeは使用していません。

ところが、最近になって、unDonutではどういうわけかAmazonへのログインがうまくいかなくなり、会社のパソコンでも強制終了することがとても多くなりました。
やはり時代の流れには逆らえないかなと思っていましたが、
そこへ来て、タブ表示が可能であるIE7のシェアも急激に増えている、となると、やはり検討せずにはいられません。

調べてみると(というか、今まで調べたことがなかったんですが)、IE7とは別にIE6を単独でインストールし、共存することが可能であることが分かりました。
IE7へアップグレードした後、以下のURLでスタンドアロン版のIE6をダウンロードして解凍するだけです。(逆に、IE6のままでスタンドアロン版のIE7を入れることも可能)

evolt.org - Browser Archive
http://browsers.evolt.org/?ie/32bit/standalone

この方法で、IE6を起動すると、確かに見た目はIE6と同じようですが、バージョン情報を開くと、IE7と同じバージョンナンバーになっていて、本当にIE6と同じように動作しているのか疑問を感じました。

そこで、CSSについて実際にテストすることにしました。
その結果や、IE7の感想は、次回へ持ち越すこととします。

※続き
スタンドアロン版IE6のCSS解釈についてひとつだけ(09/02/09)
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。