パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/29(火)21:55
突然、テレビ録画専用PCのハードディスクをアップグレードしました。
今まではSeagateのST3250824Aという、Barracuda7200.9シリーズに属する250GBのHDDを使用していたのですが、録画したファイルがたまって残り容量が50GBを切っていました。
そこへPCショップのセールの知らせがきて、320GBのHDDもけっこう安くなっていることが分かって決断しました。
今回購入したのは、WesternDigitalのWD3200AAKS、WD Caviar SE16に属する320GBのシリアルATAドライブです。値段は、HitachiとSeagateに比べて若干安かったです。

今回の買い替えで、パラレルATAからシリアルATAに変わるということもありますし、今のマザーボード(MSI K8MM-V)でシリアルATAを使用するのは初めてです。

前のドライブと新しいドライブを2台並べて音を聞き比べてみたら、前のST3250824Aはウ~ンという低い音(共振とはまた違う気がします)が前に出るのに対して、WD3200AAKSはフィーンという風を切る音とリリリというアクセス音が前に出てくる感じです。どちらもケースに入れてしまえば気にならないレベルなのですが。
トータルの静音性では、どちらも甲乙付けがたい感じです。
もともと自分は、静音性の点でSeagateを選ぶことが多かったのですが(その前はWesternDigitalもけっこう好きだったのですが静音性の面ではSeagateに一日の長がありました)、WesternDigitalもけっこう静かになったんだなぁと感心しました。
むしろ、今時静かでないハードディスクを作っても売れないんじゃないかとも思います。

新しいHDDへの環境の移行は順調に進みました。
体感速度は、・・・ほとんど変わりないような気がします。プラッタ当たりの容量もバッファも増えているんですけどね。もともと多くのアプリをインストールせずシンプルなシステムにしていたので体感しにくいのかもしれません。
昔は新しいHDDを購入してきたら必ずHDBenchで確かめていたのですが、最近はそれもやらなくなりましたね。かといって、新しく買ってきた製品の性能を知らないのも少し寂しいので、またやってみようかなとも思います。

ところで、その日の夜から朝にかけての録画するはずだった番組が、後から見てみたらファイルサイズが全て0KBになっていて、ことごとく録画に失敗していました。
試しに手動で録画してみたら大丈夫ですし、適当に録画予約してみてもきちんと録画されますし、その後の録画もきちんとできています。あれは何だったのだろう、という感じです。
要観察ですね(続報)。


ところで、メインのデスクトップPCのディスプレイを液晶にしてから、肩と首のこりは格段に少なくなりました。こんなにはっきりと効果が出るとは思いませんでした。まあ、ブラウン管から液晶ということだけでなく、画面が大きくなったということも大きいのかもしれませんが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/107-93ab2d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。