パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/07(木)21:14
先日購入したCASIO EX-V7についてですが、一般的なレビューはあちこちに掲載されていて、今さら書いてもしょうがないので、個人的な感想を何回かに分けて書いておこうと思います。
SANYO DSC-MZ3とも比較できたらいいなと思います。

まず、EX-V7を利用した自分撮りについてです。
私は、性格的に気軽に他人に頼めないということもあるのですが、よくカメラを片手に持って腕を伸ばして自分撮りをすることがあります。
MZ3では広角端で37mm(35mmフィルム換算)のレンズでしたが、EX-V7では38mmとなるので、若干不利になるかもしれないと思っていました。

それが、実際に撮ってみると、そうでもないということが分かりました。むしろ、写したい被写体を写真に収めやすい気がします。
少し考えてみたのですが、
まず一つは、レンズが飛び出さないということがあるんじゃないかと思いました。レンズが飛び出すMZ3と比べると数センチ奥で撮影していることになります。
もう一つは、カメラの重さやシャッターボタンの押しやすさの面で、EX-V7のほうが私にとっては自分撮りしやすいということです。
私は自分撮りする時、右手でカメラを逆さまに持って、親指でシャッターボタンを押すことにしています。そのほうが左手で持つよりやりやすいので自然にそうなったのですが、人によっては利き腕とは逆の手で持って人差し指でシャッターを切る人もいるかもしれません。
ただ、これまで使っていたMZ3では、カメラ本体のずっしり感とシャッターボタンが出っ張っていない仕様のため、カメラを180℃逆さまにして構えるよりも斜めに構えて力を入れてシャッターボタンを押すやり方のほうがやりやすいと感じていましたし、実際、斜めの写真がけっこう多かったりします。
一方、EX-V7では、本体がだいぶ軽くなっていますし、シャッターボタンが出っ張っているので、180℃逆さまにしても撮りやすいということが分かりました。
まあ、慣れの部分もあると思いますが。
以上、「あんたの勝手」でした。

再生ボタンを押せば瞬時に再生と撮影モードを切り換えられるのは便利だなと思いました。

動画を撮影しながら露出補正も、光学ズームもできるのも、やはり便利です。
MZ3の時はデジタルズームを有効にしていましたが、EX-V7は高倍率ズームでもありますし、デジタルズームの必要性は低いのでOFFにしています。
暗所での動画は確かにノイジーなようですが、いろいろと試してみたいと思います。花火の季節までにはマスターしておかないと。
動画については、今週末にでもMZ3と撮り比べてみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/112-6630b58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。