パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/12(火)20:44
先日、デジカメWatchのレビューでISO感度の特徴について触れていたことを書きましたが、どうも中途半端な書き方だったような気がして、もう一度レビューの該当部分をよく読んでみました。

レビュー記事で書かれているのは、
1.シャッター速度優先AE(S)だと、強制的にISOオートに固定される
2.マニュアル露出(M)にすると、ISO感度はISO64に固定される
3.ISOオートの感度範囲はISO64~ISO250までらしい(シャッター速度優先AEではなくて?)
4.ブレ軽減モードを「被写体ブレ軽減」、または「オート」(「手ブレ補正」+「被写体ブレ軽減」)にすれば、ISO400まで上がる
5.EX-V7の最高感度は、ISO固定設定を除くと、ISOオート(ISO250まで)→被写体ブレ軽減(ISO400まで)→高感度(ベストショットモード、ISO1600まで)という序列があるようだ
6.シャッター速度優先AEでは被写体ブレ軽減は強制的に無効(ISO250が上限)

以上について、自分で試して確かめてみました。すると、
1については、そのとおりのようです。
2については、「ISO64に固定できる」と解釈するならばそのとおりなのですが、ISO64だけに固定されるということはありません。
3については、シャッター速度優先AE(S)にて手ブレ補正を無効にした状態では、ISOオートでは、そのとおりISO250が上限となるのですが、プログラムAEにて同じ条件だとISO200が上限のようです。
4については、「被写体ブレ軽減」ではISO800まで、手ブレ補正「オート」ではISO400まで、必要に応じて増感してくれるようで、レビュー記事とは違った結果が出ました。ちなみに、手ブレ補正のみONの状態だとISO200が上限のようです(いずれもプログラムAEにてISOオート)。
5については、4について書いたのと同じように、被写体ブレ軽減ではISO800が上限のようです。ちなみに、ISO1600には期待していないのでベストショットの高感度は試していません。
6については、そのとおり。

以上のように、若干異なった結果が出ました。
レビュー記事が間違っているのかは分かりませんが、記事を書いた人が入手したV7が市販品とは異なる設定だったのかもしれませんし、よく分かりません。

上のことに加えて、どうしても書いておきたいのですが、
ISOオートにしていても、左右キーにISO感度を設定していれば、ISO64からISO800まで任意に設定することができます(プログラムAEにて)。

ちなみに、初期状態では左右キーには何も設定されていません。通常、露出補正を割り当てる方が多いかもしれませんし、それが一般的なデジカメの設定かもしれません(MZ3もそうでした)。

少し中途半端ですが、今日はここまでにして、次回は実際に使用する状況について、もう少し掘り下げてみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/115-d489c1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。