パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/15(金)01:13
前回の続きです。

まだ使いこなせていないのですが、CASIO EX-V7について一言で表現すると、
静止画でも動画でも、暗い場所を明るく撮ろうとするのが、EX-V7の特徴でもあり欠点でもあるように思います。
ストロボになるべく頼らずに暗い場所をどうやってうまく撮るかというのが、今の私の課題です。


前回のおさらいも含めてですが、
手ぶれ補正を切にすると、ISOオートの状態ではISO感度が200までしか上がらないので、少し暗いシーンには不向きです。

被写体ブレ軽減のみを有効にすると必要に応じてISO800まで増感してくれますが、被写体ブレ軽減はシャッター速度優先モード(S)では強制的に無効になってしまうこともあるので、私は手ブレ補正をオート(CCDシフト式手ブレ補正+被写体ブレ軽減)に設定してみました。
できるだけ露出アンダーでブレるショットを減らそうと思ったからですが、手ブレ補正で補正可能な範囲には限度がある、これは当然のことです。

シャッター速度優先モード(S)にてISOオートだと、ISO250が上限になります。
EX-V7のシャッター速度優先モードは、あくまで明るい場所で動く物を撮影する時に有用なのでしょう(例えば動物園や運動会?)。例えば水族館のような、少し暗いところでは別の方法を考えなければなりません。私が思案しているのもまさにその部分なのですが。
繰り返しになりますが、ストロボを使用できれば何も苦労することはありません。ストロボを使用できない場合、使用したくない場合にどうするかということなのです。

プログラムAEにて、手ブレ補正オートの条件でISOオートだとISO400が限度ですが、手動でISO感度を指定するならばISO800まで指定可能です。左右キーにISO感度を割り当てれば、シーンに応じて使い分けがしやすくなります。ただし、当然ながら、ISO感度を指定した場合は被写体ブレ軽減(必要に応じてISO800まで増感してくれる)は無効になります。

どこかで左右キーにISO感度を割り当てるか、露出補正を割り当てるか悩むと言っていた人がいましたが、左右キーにISO感度を設定した状態で手ブレ補正オートにしておくのが一番簡単かもしれないと思いました。露出アンダーと表示された時にはISO感度を上げ、不必要に増感してほしくない時にはISO感度を低めに設定すればよいと思うからです。
状況に応じてISO200~800あたりを使い分けるのが良いと現時点では思っています(ただし私は実際に水族館に行ってないんですけど)。
露出アンダーになりやすいので、手ブレ補正には頼りたいところです。

ただ、そうなると、今度は動画と手ブレ補正の設定が共通になっているところが引っかかります。
動画撮影の場合は、手ブレ補正をOFFにしておいたほうが良い結果が得られるようです。これは、静止画撮影に比べてカメラが動きすぎるからかもしれませんが。

これに対する答えなんですが、
動画の撮影モードをマイベストショットとして登録しておけばOKでした。そうすることによって、動画撮影では手ブレ補正を無効、静止画撮影では手ブレ補正オートにできました。
ちなみに、ベストショットモードでは、いったん電源を切っても次回起動時には前回最後に使っていたベストショットが起動するので便利です。

ただし、左右キーの設定だけは区別できませんでした。
EX-V7は、動画撮影中に露出補正を行うことが可能なのが便利なところなのですが、左右キーにEVシフトを設定していなければなりません。いったん左右キーにEVシフトを割り当てると静止画撮影モードに戻っても引き継がれてしまうわけで、いちいちメニュー画面に入ってISO感度に設定し直すのも面倒で、悩ましいところです。

やはり、いろいろな項目で、静止画と動画撮影とで設定を区別したい部分はあります。このへんはファームウェアのアップデートで対応してもらえないものでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/116-81876020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。