パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/15(金)22:19
前々回前回と書いて今回が3回目になります。

私の場合ですが、照明が十分でない室内で静止画を撮影しようとすると、「露出アンダー」と表示されることがけっこうあります(シャッタースピードの表示はMZ3よりも見やすいですね)。
また、ISO800でもシャッター速度が遅いことがあります。つまり、それだけ明るい写真を撮ろうとしてシャッター速度が遅くなってしまうようなのです。
そんなに明るく写らなくてもよいと思う場合も多くあります。多少暗くても、後からレタッチソフトで調節が効くものです。逆に、露出時間が長くなってブレブレになってしまってはどうしようもありません。

EVシフト(露出補正)をマイナスに振るとシャッター速度も多少速くなることが分かりました。
しかし、残念なことにモードメモリのメニューにEVシフトはないので、いったん電源を切るとEVシフトの設定はリセットされてしまいます。

そういうことから、まるで今までの話をひっくり返すようですが、左右キーにEVシフトを割り当てて、ISO感度はメニュー画面をたどって指定する方法も有効ではないかと思いました。同じような明るさのシーンを続けて撮る場合にはそれでも不都合はないと思います。

あるいは、究極的な方法として、マニュアルモード(M)もあります。直接的にシャッター速度を指定できるので、こちらのほうが幅広くコントロールできると思います。

EX-V7のレンズはDSC-MZ3に比べると暗めなのでシャッター速度が遅くなりがちな面はあります。明るいレンズはこういうところで効いてくるのだなと思いました。
しかし、EX-V7には高感度も手ブレ補正もあります。これをうまく使えばきっと良い写真が撮れるはず。

EX-V7のISO感度等の設定は、けっこうマニアックというか、入り組んだ設定になっているように感じます。このへんはもう少し分かりやすいほうがいいんじゃないかとも思います。
ただ、その前に、EX-V7が果たしてフルオート志向のカメラなのか、という部分があると思います。確かに昼間の屋外ではフルオートでOKなのですが、それ以外の状況もあります。逆に言えば、いろいろな条件に応じてマニュアル設定もできるし、コンパクトでサクサク操作できるという点がEX-V7の個性のような気がします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/117-35650727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。