パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/22(日)21:19
先日、初めてEX-V7で花火を撮影する機会がありました。
写真撮影に関してはド素人なんですが、花火の撮影はけっこう好きです。うまく撮れたり撮れなかったり、難しいんですが、タイミングを逃さずちょうどよい明るさで撮れたときはうれしいものです。
私は、コンパクトデジカメには不釣り合いなSLIK製のがっしりした三脚を持って行くんです。リサイクルショップでジャンク品として売られていたものなんですが(ジャンク品なのになぜか3000円もした)、ちゃんと使えています。今では周囲の目も気にならなくなりました。

で、今回初めてEX-V7を持って行ったのですが、撮った画像を後から見て、ブレている写真が多いことに気付きました。しかも、ズームしなくてもぶれていました。
しかし、これはカメラのせいではありませんでした。
最初は、三脚用のネジ穴がカメラの端にあるからじゃないかとか、風が強かったからとか、いろいろ考えたのですが、調べてみて、どうやら三脚の立て方の初歩的なミスだったようです。

三脚を立てる場合、脚をすぼめて高く構えるのはブレやすくなるのでダメなんだそうです。
そんなこと、少し考えれば分かることなのですが、全く気にしていませんでした。こうして結果が出てきて初めて気付くわけです。
今回、椅子に座って構えたので、脚を1段だけ伸ばしたのですが、それでも高さが足りなかったので、頭の部分をかなり伸ばして使用していました。これが良くなかった。
できるだけ脚の間の面積が広くなるようにしなければならないので、頭の部分を伸ばすのではなく、脚をさらに伸ばさなければなりませんでした。

ブレ対策としてはセルフタイマーも有効とされています。EX-V7には2秒のセルフタイマーも搭載されていますが、風景画には良いと思うのですが、タイミングが必要な花火にはどうかなとも思いますが、次回は試してみようかなとも思っています。


前置きが長くなりましたが、CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-V7での花火撮影についてです。
当然ながら、静止画と動画、両方について書きます。

EX-V7の通常の撮影の場合、広角端での開放F値が3.3と若干レンズが暗めのため、シャッタースピードも若干遅めとなり、ストロボを使わない撮影では不利に働くこともあるのですが(その分を手ブレ補正で補うことになる)、花火の撮影ではスローシャッターとなるのでシャッター速度が少しくらい遅くても問題とはならないはずです。

ベストショットに花火用のモードがありますが、このモードだとシャッター速度が2秒、F3.4、ISO64、手ブレ補正はOFF、ホワイトバランスは太陽光、焦点距離は無限というふうになっています。
左右キーにISO感度を割り当てていれば自由に変更できますが、それ以外の項目はメニューに入らないと変更できません。

むしろ、マニュアルモードのほうが、F値とシャッター速度を簡単に設定できるので、多様な設定がしやすいと思います。
ISO感度は左右キーでは変更できませんが、私の場合、プログラムAEに戻って変更することにしています。そのほうがメニューに入るよりも簡単だろうと思ったので。

そういうわけで、マニュアルモードを中心に撮ってみました。

この日は、雲行きは良好だったのですが、風が強く花火が左から右へどんどん流れていきます。ぱっと広がるだけでなく、横にも流れていくので、あまりスローシャッターだとぼやけたような感じになってしまうことに気付きました。
2秒だとちょっと長すぎる場合が多く感じました。

そこで、シャッター速度を変えたり、F値を変えたり、あるいはISO感度を100や200に増感してみてシャッター速度をさらに短く(1/2秒)したりしてみました。
シャッター速度を短くしたのには、ブレるからというのも多分にありまして、三脚が安定していればもう少し長めで撮ったほうがよかったかもしれません。

シャッター速度を細かく設定できるのも良いところです。
DSC-MZ3では、1/2500秒から16秒までの間でシャッター速度を設定可能でしたが、EX-V7では、1/800秒から60秒までの間で設定可能です。
このうち、花火や夜景で割と使いそうな1/2秒~4秒の間を見ると、DSC-MZ3では、1/2秒、1秒、2秒、4秒となっているのに対して、EX-V7では、0.5秒、0.6秒、0.8秒、1秒、1.3秒、1.6秒、2秒、2.5秒、3.2秒、4秒と、こちらのほうが細かく設定でき、特に1秒から2秒の間で少しずつ調節できるのは良いと思いました。

写真は、マニュアルモードで、F4.9、露出1.3秒、ISO64という設定で撮影したものをトリミングしたものです。
EX-V7で撮影した花火

このほか、シャープネスは+1としていました。このほうがぱっと見メリハリのある感じに見えるような気がするのですが、次の機会では0にして撮ってみようかと思います。


EX-V7というと、7倍ズームがありますが、今回は比較的近くで撮影したので、ほとんどズームの必要がありませんでした。
試しに対岸の夜景を撮影してみたのですが、そもそも三脚の立て方が間違っていたので相当にぶれました。そのため今回は参考になるような写真は撮れませんでした。今度、もう一度試してみようと思います。

次回は、動画についてです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/128-82ee2e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。