パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/12(水)22:35
カシオから、EX-V7の後継機種、EX-V8が発表されましたが、個人的には、EXILIM Hi-ZOOMのシリーズがEX-V7で立ち消えになる不安も持っていたので、うれしかったです。

そのEX-V8ですが、基本的にはV7とあまり変わりがないと思っています。
変わったところといえば、顔認識機能の搭載、有効画素数が720万画素から810万画素に増えたこと、高速連写の枚数が3枚/秒から4枚/秒に増えたこと、フラッシュの位置が若干移動し水中ハウジング(防水ケース)にも対応したことぐらいでしょうか。それから、YouTube撮影モードの搭載と簡単アップロード機能も新しいものです。

広角端で38mm相当のレンズ、EXILIMエンジン2.0を搭載、ISO感度といったあたりは変わりありません。
もちろん、CCDシフト式手ブレ補正、動画における電子式手ブレ補正、H.264方式での動画記録なども前のモデルから引き継いでいます。

ここで一つ書いておきたいのですが、より広角のレンズ(35mmフィルム換算で28mmや35mm)を期待している方も多いと思うのですが、EX-V8(V7でも)の場合、レンズが飛び出さないので近距離での撮影(数十センチ以内)では被写体までの距離が稼げる、すなわち、自分撮りなど近距離の撮影では他の38mm相当のレンズに比べて広い範囲を撮影できることが分かりました。自分が試したところでは、被写体から同じ距離でカメラを設置して、37mm相当のDSC-MZ3よりも明らかに広い範囲が撮影できました。

広角レンズの場合、被写体を大きく撮りたい時は被写体に近づくかズームをしなければならないという盲点があるということは理解しておく必要があると思います。
逆に、通常のレンズでは収まりきらないほど大きな被写体を撮影する場合には威力を発揮するわけですが。
長所があれば短所もあるということなのですね。


話が逸れましたが、
このカメラの魅力は、屈曲光学系を採用で薄型にもかかわらずレンズが飛び出ない高倍率ズームを搭載していることだと思っています。最初は、ズームなんかなくても後でトリミングすればいいやと思っていたのですが、実際に使ってみると、特にイベントなど広い場所で行われるものを撮影する場合には、高倍率ズームは便利だと感じました。

もちろん、他社のほとんどが標準搭載している顔認識機能に追従していくことも大事だと思いますが、ある程度カメラの操作に精通している人にとっては、顔認識機能や高画素はそれほどアピールにならないのではないかという感じもします。
逆に、フォーカスロックの仕方などを知らない人にとっては役に立つ機能なのでしょうけど(そういう人が多いのかは分かりませんが)。
似たように、YouTube撮影モードでの動画も、初心者には分かりやすいアピールではないかと思います。

シャッター速度優先/絞り優先/マニュアルモードを残したことは評価したいと思いますが、同時に、コンデジの中のハイエンドという位置付けの難しさのようなものも感じます。

心配なのは、同じ1/2.5型CCDで画素数は810万画素に増えたことで、画質やノイズは大丈夫なのかということです。
サイトのサンプルを見た限りでは、同様の条件での撮影ではないものの、画質には特に大きな変化はないように感じました。変化があると言っている人もいらっしゃるようですが。気になる方は、製品が発売されて、ユーザーによるサンプルをよく見てから決めるとよいのではないかと思います。

現在のデジカメのCCDを見てみると、ハイエンド側では1/1.8型やそれを超えるサイズのCCDが主流になりつつあるようなので、このシリーズでも採用を期待したいと思います。

また、1センチまで寄れるスーパーマクロの機能もほしいですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/139-6c7cae39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。