パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/23(日)22:05
前回の続きです。

その後、CPUとメモリ、それからユニバーサルリテンションキットが到着したので、地元のショップにマザーボードを買いに行きました。
Core 2 Quad対応のMicro-ATXマザー、しかも最新のGシリーズのチップセットを搭載したものはIntelのDG33BUしかなく、自動的にこれに決定しました(パッケージ自体はDG33BUと書いてあるのですが、横に貼り付けられたラベルやレシートの表記ではDG33BUCとなっています。価格コムもそうです)。
DG33BUパッケージ

DG33BUボード

このマザーボードは、チップセットにIntel G33 Express+ICH9を搭載しています。
G31とかのローエンド品ではなくてG33のマザーを購入できたのはよかったと思います。G31だとICH7シリーズとの組み合わせになってしまい、AHCIやRAIDには対応しませんからね(ICH7RとかDHとかなら対応しますけど)。

拡張スロットは、PCI-Express x16スロット(使わないんですけど)に、PCIスロットが2本、PCI-Express x1が1本という構成になっています。

フロッピードライブ用のコネクタやパラレルATA用コネクタを搭載し、PS/2キーボード&マウスもOKです。
レガシーデバイス廃止の動きの中心にいるのはIntelだと思いますが、そのIntelのマザーボードが比較的レガシーデバイスに配慮してくれているのはうれしいです。

バックパネルのUSBポートが6つと多く、IEEE1394も搭載しています。もちろん、ボード上にはフロントUSB用のコネクタもあります。
IEEE1394はデータ用の外付けハードディスクをつなぐことにしよう。

Intel純正の安心感もありますが、値段は14,980円。他の店に比べると高いんじゃないかと思いますが、Intelのマザーボードとしてはけっこう安いかも。

私が注目しているのは、内蔵グラフィックス(GMA 3100)の性能です。今まで使ってきた865G内蔵グラフィックスに比べてどれだけ向上しているか楽しみです。
アップグレードする前と後で比較してみようと思い、久しぶりにベンチマークテストを動かしてみました。といっても、あまり大がかりなベンチマークを試すつもりはなく、HDBENCHとSuper π、それに、WinampのAVS(Advanced Visualization Studio)でフレームレートを記録してみました。

結果については、新しいシステムが出来上がって最後に比較することとします。

続く

※関連記事
Core 2 Quad Q6600+DG33BUC余談2(08/01/19)
コメント
この記事へのコメント
新しいシステムの調子はどうですか?
私もDG33BUのマザーボードを購入したのですが…HDD(IDE)にWindowsXP(SP2)をインストールしようとしたところ、インストール途中で突然はじめの画面に戻ってしまい何回もループし続けるという現象に困り果てています。。。
uj07さんはすんなりインストールできましたか?

2009/03/05(木) 16:49 | URL | rina #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しばらくほったらかしにしてまして、
返事もしませんですみません・・・
2009/05/03(日) 23:59 | URL | uj07 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/159-cb47f4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。