パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/05(土)21:54
先日、カシオのEX-S10を店頭で触ってみました。
すると販売員が近寄ってきて、このカメラのセールスポイントなどを話してくれたんですが、最も印象的だったのは、開口一番、「カシオというと、電子辞書や計算機をイメージされるかもしれませんが、デジカメもけっこう作っているんですよ。」と前置きをしたことです。

確かに、一般的にはそういうとらえ方なのかもしれません。
フィルムカメラからデジタルカメラの時代に変わって、家電メーカーのような新興のメーカーが次々に参入して、従来のカメラメーカーからシェアを奪ったわけですが、新興のメーカーの戦略は、例えば、Panasonicは浜崎あゆみなど有名人を起用して盛んにCMを流してデジカメのイメージを定着させようとしています。
それに比べると、シェアの面ではけっこうな割合を占めるとはいえ、カシオのほうが少し地味かもしれない。そういうことからすると、現実はそういうものかもしれないと思いました。

結局、その販売員とのやり取りは、「今はどの機種をお使いですか?」、「実はEX-V7なんです。」というふうに進展していって、販売員のほうもカメラを分かっている客と見て離れていった。

それはそうと、EX-S10を触ってみた感想としては、光沢のあるボディはなかなか質感が高く感じられました。
また、ボタン類は、シャッターボタンを除くと、薄型ボディということもあってか、やや固めに仕上げてありますが、しっかりとしたクリック感がありました。

スペック的には、光学3倍ズーム、有効画素数1,010万画素など際立った特徴はないものの、2.7型のワイド液晶モニター(高性能クリア液晶)を搭載し、画面の右側に情報を表示できるようになっていること、また、顔認識機能や手ブレ補正機能を搭載し、動画撮影のフォーマットは高圧縮・高画質のH.264に対応し、YouTube撮影モードも搭載するなど、最近の機能をしっかり押さえたカメラという印象です。

機能よりもむしろ、薄型にもかかわらず撮影枚数はCIPA規格で280枚とかなりたくさん撮れるのはすごいのではないでしょうか(前のモデル、EX-S880の220枚よりも増えている)。

レンズは35mmフィルム換算で36mmスタートと、やや広角に撮れます。今の時代にアピールはできないでしょうけど、少し広い範囲を撮れるのはメリットだと思います。

ボディの厚さは15ミリで、デジカメが全体的に薄型化している状況で、「CARDと言えるのか」という問いも出てきそうですが、前のモデル、EX-S880やEX-S770などよりも薄くなっていることは確かです(しかも、バッテリーは長持ち)。
思えば、初期のEXILIM CARDシリーズは単焦点で今よりもかなり薄かったですね。ズームレンズを搭載して少し厚くなってしまったわけですが、このシリーズがこれまで続いてきたということは、それなりの差別化ができているということなのでしょう。

少しでも薄く、より簡単に、しかし流行の機能もほしい、そういう「欲張りな」人にオススメのカメラではないでしょうか。

※関連記事
カシオ EX-Z1080と EX-S880について(07/09/25)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/170-fcda296a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。