パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/19(火)22:52
わが家のリビングのAV環境の最大の不満は、DVDを視聴する時に音声はテレビの内蔵スピーカーから出るのでかなり貧弱な音になってしまうということでした。

初めに我が家の環境を紹介しておきましょう。
テレビはMITSUBISHIの25インチブラウン管。BSチューナー内蔵。地デジにはもちろん非対応。
DVDプレーヤーはPanasonicのもの。
テレビの録画は、それ専用のPCが担います。

我が家の場合、テレビのBSロック機能を利用して、BSアナログ放送の映像と音声をテレビ録画専用PCに送って録画するという方式をとっています。
テレビ録画専用PCの出力をテレビのS-Video入力と音声入力に、また、DVDプレーヤーの出力をテレビの入力(映像はD端子)につないでいました。

全ての音声がテレビ内蔵の小さなスピーカーから出るかたちになっていまして、当然音も薄っぺらですが、ニュース番組やバラエティなど多くの番組では聴き取りやすい場合が多いというのも事実でした。
しかしながら、スポーツ中継などでは臨場感が薄いですし、音楽番組はダメ、DVDの視聴も迫力がないという状況でした。

以前、DVDを見る、その時だけメインのデスクトップPCに使っているRolandのMA-9をつないだことがあったのですが、頻繁につないだり抜いたりするわけにもいきません。

今までもスピーカーを導入したいと思ったことはあるのですが、1系統しかないテレビの出力は録画専用PCへの出力で占有されていて、肝心のテレビからの音声をつなぐことができないんじゃぁ・・・ということで、二の足を踏んでいたのです。
また、巷には5.1チャンネルとか、2.1チャンネルとかいろいろな製品があふれていますが、どれが自分に合っているかで迷いがありましたし(特にケーブルの取り回しはすっきりするようにしたいですし)、リモコン(できればワイヤレス)でボリューム操作できれば良いのですがそういう製品は少ないようでした。

今回、全て満足するものはないと腹を決めて、少し割り切った条件を決めました。
それは、音声入力が2系統あるもの、テレビの音声はテレビ内蔵スピーカーで我慢しDVDとテレビ録画専用PCの音声を外部スピーカーで聴く、最高の音質は求めないがテレビ内蔵スピーカーよりは確実に良いもの、といったところです。

前置きが長くなりましたが、数あるスピーカーの中から今回選んだのが、クリエイティブの「INSPIRE T10」です。
選んだ理由は、上の条件を満たしつつ値段は手頃だったこと、PC関係やデジタルオーディオ関係で実績があること、でした。
また、我が家ではテレビ台に座卓型PCデスクを使用していることもあってテレビの左右のスペースが少ないので、筐体の横幅が8.8cmと比較的狭いのも良いです。

小型のボディですが、適度にずっしり感があります。ピアノブラックの筐体はなかなかきれいです。
クリエイティブ「INSPIRE T10」 2チャンネルスピーカー

音については、非常に満足しています。これだけ手頃な値段でこれだけの効果を得られるとは思っていませんでした。2.1チャンネルの製品もありますが、サブウーファーがないものを選んだのは良かったと思います。
ただ、ネット上の声を見ると、満足していない人もいるようで、より高音質を求める人はもう少しお金を出して、同じクリエイティブならば、GigaWorksシリーズなどを検討してみるのが良いのではないかと思います。

本当はもっと環境を整備して、例えば、BSチューナーを用意したりして、全ての音声をペラペラじゃない音で聴ければよいと思うのですが、そのために買い替えなければならないのは、それはまだしばらく先になりそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/174-4e2a984f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。