パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/22(木)22:21
ようやくわが家にもデジタルフォトフレームがやってきました。
以前から注目していたものの、SONYとか国内有名メーカーのものになるとそれなりの値段になることもあって、二の足を踏んでいましたが、今回、運良く抽選でゲットできたのです。
とはいっても、有名メーカーのものではありませんが。

今回入手したのは、グリーンハウスのGHV-DF7CWという、7インチワイド液晶を搭載したモデルです。
割と廉価品の部類に入るのではないでしょうか。グリーンハウスに対する世間の認知としては、メモリーカードなんかのイメージが強いでしょうか。安くてもそんなに悪い物を作っているメーカーではない、といった感じではないかと思います。
GREEN HOUSE GHV-DF7CW その1

箱から出してみると、外観は高級感はないですが、廉価品としてはまずまずではないでしょうか。安っぽすぎるということはありません。

機能的には、静止画だけでなく、動画(AVI形式のMotionJPEG)と音楽(MP3(CBR/VBR)およびWMA(CBR))の再生にも対応しています。動画といっても、昔DSC-MZ3を使っていた時はMotionJPEGの動画を撮っていましたが、もう全部MPEG1に変換してしまったので、再びエンコードするのは面倒です。したがって、動画再生は使わないかもしれません。

対応メディアは、SD/SDHC/メモリースティックに加えて、USBメモリにも対応しているのがうれしいです。
内蔵メモリはありませんが、これはこれで割り切った仕様でしょう。

他に、地味ですが、時計、カレンダー機能、それらを利用したオートパワーオン/オフ機能を搭載しています。
リモコンも付属、それから、縦置き・横置きの両方に対応しています。ただし、画像の縦横を自動的に検出して回転して表示する機能はありません。

早速、2GBのUSBメモリめいっぱいにデジカメで撮った画像を入れて表示してみました。
映りは良好です。
画像の解像度は、2560×1920、古いものだと1600×1200のものもありますが、次の画像に移る時にもたついたりすることはありませんし、起動もすぐです。
GREEN HOUSE GHV-DF7CW その2

割り切った仕様なので、ファイルを順番に再生していくだけで、トランジッションのエフェクトは多数あるものの、ランダム再生はできません。最大化して表示する機能はあります。
レジューム機能もありませんので、いったんOFFにして次にONにすると、また最初から表示することになります。
したがって、常に電源を入れっぱなしでずっと繰り返し表示したままで特に意識しない場合は別ですが、撮った写真を「見たい」場合にはあまりたくさんの画像を読み込ませないほうがよいでしょう。
もっとも、つけっぱなしでも、そんなに電力を消費する製品ではないのですが。

操作性については、本体のボタン操作はレスポンスがいまいちなのですが、リモコンで操作してみたらきびきび動きます。

個人的な感想としては、シンプル設計が良いと感じました。

それから、液晶にドット欠けがなかったのもよかった。
余談ですが、液晶のドット欠けは、その部分を押すと治ることがあると聞きました。
しかし、下手をすると周辺の画素がドット抜けしてしまう危険性もあるわけで、なかなかの冒険ですよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/188-f5e4d424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。