パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/05(木)10:07
我が家のリビングのテレビは、東芝の32RE1。
レコーダーがなくても外付けハードディスクに録画できるのが特徴で、部屋の雰囲気に合う白い色があったのも選択のポイントでした。

が、まだ買ってから5年経っていないのですが、スピーカーから音が出なくなりました。

テレビをつけて、最初は音がするものの、少し経つとプツッという音とともに音声が出なくなるという症状。
しかも、だんだん悪化している感じ。

ヘッドホンの端子を中途半端に差し込むと音が聞けるので、それでつないでいたのですが、さすがにいつまでもこのままでいるわけにはいきません。

修理について、インターネットで調べると、見に来てもらうだけで出張料が取られるということ。
たまたま地元に東芝のサポートステーションがあるので、ダメ元で聞いてみると、自分で持ち込めば出張料は必要ないとのことなので、早速持ち込んで見積りを依頼。
見積額を見て、結果的に修理しない場合は、見積料が必要になるとのこと。

2~3日して来た連絡によると、見積額は2万6千円。基板の交換が必要とのこと。
個人的には、金額以上に、録画したデータが見られなくなってしまうのが困るので、修理は依頼しないこととし、見積料のみを支払って持ち帰って来ました。

しかし、どうするか考えなければいけません。

レコーダーを買って録画データを全てムーブすれば、テレビを修理することも買い替えることもできるのですが、ちょっとお金と手間がかかるかなという感じ。
テレビの他の部分がすぐに壊れるのでなければ、そこまでする必要はないかなと。

HDMIから音声を取り出す装置もあるのですが、手頃な価格帯のものはどれも少し怪しげな中国製。
レビューを見ても、それほど満足していない人が一定数いる感じ。

結局選んだのは、最も簡単で安上がりな方法。

それは、アナログ音声出力からPC用スピーカーの空いているほうの入力につないでしまうこと。

ちなみに、スピーカーはクリエイティブのT10という入力を2つ持つタイプ。

実は、以前別の目的でスピーカーをつないでみたことがあったのですが、確か、テレビ本体のスピーカーの音が消せないのが目的に合わなくて断念した記憶があって、そのせいで盲点になっていたかもしれません。
最初からこうすればよかった。

PCの音はどうするのかというと、スピーカーから音を出すことが少ないのでほとんど支障がないのです。
というのも、PCとスピーカーの間にローランドのMX-5という簡易ミキサーを介していて、それにヘッドフォンをつないで音楽などを聴くことが多いので、スピーカーにテレビの音声が入ってきても影響を受けないのです。

PC用スピーカーがテレビの脇に移動して、やや長いケーブルでPCから(ミキサーを介して)つながれるという珍しい?接続になりました。
将来的には、スピーカーをもう1組買って、それぞれ専用にしてしまうのもいいかも。

追加投資なしで解決できたのでよかったのと、
もともとのテレビ内蔵スピーカーに比べると低音も出るようになって、音がだいぶ良くなったので満足しています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/205-0d4130a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。