パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/03(土)12:43
今回の話題については、前にもちらっと触れました。

日本でも発売されることになりました。個人的には、かなり注目してます。

はじめに断っておきますが、自分は画質にはそれほど神経質ではない(はず)です。素人目に見てきれいな写真が撮れて、使いやすくて、機能的に優れているカメラがいいなと思っています。

このEX-V7、まず、レンズは屈曲光学系の7倍ズームで本体から飛び出さないというのがすごく良いですね。
最近増えてきた広角28mmには対応していませんで、38mm~となっています(35mm判換算)。ところで、私の持っているDSC-MZ3は広角37mmからなのですが、不便を感じたことはありません。広角が撮れれば表現できる世界も広がるのでしょうが、自分的には、広角が一番威力を発揮するのは自分撮りの時になりそうです(私はイマジネーションが乏しいのかも)。
F値は3.4~5.3だそうで、暗めのレンズと言えるようです。ちなみに、私のDSC-MZ3はF2.7~4.9でした。レンズが暗い分シャッタースピードが遅くなるわけですが、堪えがたいと感じられるようなことはないのでは。
ただ、夜の室内でストロボなしで撮りたい時などには、手ぶれ補正と高感度に頼ることが増えるのかもしれません。その際、ISO200~800辺りのノイズがどれだけ少ないかがポイントになると思います。でも、最近のカメラ(コンデジ)って、ISO200や400でもすごくきれいに撮れるんですよね。

撮影機能では、なんといっても、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出対応がうれしいです。これで動きの速い被写体や夜景、花火の撮影もOKですよね。って、コンパクトデジカメを三脚に立てて花火を撮影する阿呆は私だけ?

新設計の「EXILIMエンジン2.0」を搭載したことで、従来は暗く沈んで写っていた部分をより明るく視覚イメージに近いかたちで撮影でき、ノイズを除去するアルゴリズムも新しくなったそうです。
そういえば、以前のカシオのカメラの写真を見て、日陰の部分がずいぶん真っ黒だなぁと思ったことがあったような気がします。

そして、動画が注目です。
カシオの発表では、MPEG-4方式と同等の画質で約1.5倍の長時間撮影が可能とのことでしたが、サンプルを見たかぎりはなかなかきれいです。しかも、動画撮影中の光学ズームができて、ステレオ音声、電子式手ぶれ補正を搭載しているのが良いです。
ただ、H.264は再生するパソコンの性能もある程度要求するみたいです。
あと、848×480のワイド動画は、静止画に16:9のモードがないので、単に上下をカットして横長にしたものかもしれません。

撮影可能枚数はCIPA規格で240枚とのことで、バッテリーの持ちはそれほど良くありませんが、スペアのバッテリーを用意しておけば問題ないでしょう。

USB接続のクレードルが付属するとのことで、CASIOでおなじみのスライドショーもできるんですよね?しかも、今回からはBGMも付いているそうで。でも、飽きたらBGMなしにしてしまいそう。

価格は5万円台前半と予想されていますが、ちょっと高いかも・・・。でも、それだけの機能は備えていると思いました。


以上、見てきましたが、もし自分が買うとしたら、ISO1600はあまり期待しませんがISO400や800でどれくらいの写真が撮れるのかを確認して、値段がもう少し下がってきたら是非ほしいなと思いました。

この話題については続きがあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/21-61b23585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。