パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/03(土)11:44
先日秋葉原で買ってきたメモリを、テレビ録画専用PCでテストしてみることにしました。メモリの違いによって安定感に差が出るのか出ないのかが興味のポイントです。

前置きとして書いておきますが、先代のテレビ録画専用PCの時はスタンバイ(S3)を繰り返しても鉄板と言っていいほど安定していたのですが、今のシステムになってからは、スタンバイからの復帰に失敗したり、録画されていないことがあったので、S3をやめてS1→休止状態の2段階で省電力するようにしたり、時々再起動したりといった工夫をその都度行ってきました。

テストの方法は、省電力の方法を今まで避けてきたスタンバイ(S3、Suspend to RAM)に戻し、再起動をしないでどれくらいの間安定動作するか試してみるというものです。
スタンバイ(S3)にする理由は、S1→休止状態の2段階省電力と違って常にメモリにデータを保持していなければならないので、メモリの品質によって差が出るのではないかと思ったためです。
また、テスト中もテレビ録画したりエンコードしたり、通常の使用を続けます。安定動作については、主として予約した番組がきちんと録画されているかで判断できます。
ただ、全く同じ環境でのテストではないので、結果の比較は絶対ではありませんね。

ただひとつ、大事な番組が録画されなかったら困るので、0時、6時、12時、18時と6時間おきに5分間だけ録画するようにしました。時々チェックして、もしも録画されなくなっていたら再起動することにします。
録画やエンコードなどしていない、アイドル状態の時には、15分でスタンバイに入るようになっています。

以上のような条件で、先日購入してきたメモリを含めて、手持ちのメモリを試してみたいと思います。

先日購入してきたメモリは、
センチュリーマイクロ製モジュール(hynixチップ)
Apacer製モジュール(SAMSUNGチップ)
値段的には、センチュリーマイクロのほうが上です。

今まで使用していたのは、hynix製モジュール(チップもhynix)です。
以上はすべてPC3200、CL3、512MBです。Apacerのみが両面実装です。
ちなみに、どのモジュールもMemtest86では問題がありませんでした。

上の3つのほかに、BUFFALOのDD400も2本、メインのデスクトップPCで使っているんですが、時間があったら試してみようかと思います。

まずはセンチュリーマイクロ製モジュールからです。
実は、既に先週の日曜日からスタートしておりまして、もう1週間になります。今のところ問題は出ていません。

テスト環境を書いておきます。
CPU:AMD Turion64 MT-34(1.8GHz、L2Cache1MB)
マザーボード:MSI K8MM-V(チップセット VIA K8M800)
ビデオカード:カノープス MTVGA 9550L
ハードディスク:Seagate ST3250824A
メディアドライブ:日立LG GSA-4163B
TVチューナー:ELSA EX-VISION 1500TV ×2枚


テストの続きはこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/58-bd5f47a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。