パソコン、特に自作関係のことや、デジタルカメラなどについて
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/03(木)21:37
QuickThumb(http://www.ocf.berkeley.edu/~mbarrien/projects/)というプログラムの存在をネット上で知り、試してみました。なお、OSはWindowsXPです。
決められたインストール方法にのっとって、 ダウンロードしたQuickThumb.dllをC:\WINDOWS\SYSTEM32フォルダにコピーして、「ファイル名を指定して実行」から、「regsvr32 QuickThumb.dll」と入力して実行したのですが、「LoadLibrary("QuickThumb.dll”)に失敗しました – 指定されたモジュールが見つかりません。」とエラーが表示されてしまいました。
QuickThumbのエラー
ダメかと思って、でもとりあえずサイトにあったREADME.txtを見ると、ちゃんと対処方法が載っていました。
指示に従って、MSVCR70.DLLをダウンロードしてC:\WINDOWS\SYSTEM32フォルダにコピー、その上で再度チャレンジすると、無事うまくいきました。

実際に使用してみると、最初はサムネイルが表示されるまで少し時間がかかりますが、一度表示してしまうと、次に表示する時は高速で、かなり便利だと感じました。

ついでに、.MOVを再生するプレイヤーもQuickTime Playerはやめて、Media Player Classicに関連付けしました。

DSC-MZ3の動画については、サイズを小さくする意味でもMPEG-1に変換するのは有効ですが、今後購入する、H.264などのデジカメ動画ではMPEG-1に変換してもサイズは逆に大きくなってしまうと思うので、こういったサムネイルソフトはとても便利だと思いました。


ところで、Xacti DMX-HDシリーズやCシリーズの、拡張子.MP4のファイルには対応していません。
.MP4ファイルをサムネイル表示するには、
まず、Mpegable DS decoder 2.0(http://shopdd.breeze.jp/3pgDecoder.zip)をダウンロードしてインストール(これでWindows Media Playerで.MP4ファイルが再生できるようになります)。
次に、メモ帳に以下の内容を貼り付けて、適当な名前(拡張子は.reg)で保存し、それをダブルクリックしてレジストリに登録すればOKなはずです。参考にどうぞ。
---貼り付け内容始まり---
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\.mp4\ShellEx\{BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}]
@="{c5a40261-cd64-4ccf-84cb-c394da41d590}"
---貼り付け内容終わり---


.MOVのサムネイル表示に関しては、前にPicasaについて触れました。このソフトはまだ使いこなしていないのですが、.MOVも含めて画像や動画を表示するだけでなくアルバムを管理する感じで、スライドショーを作成したりといった面白い機能も付いているので、こちらはこちらで使い込んでみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uj07.blog91.fc2.com/tb.php/93-37b15b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

uj07

Author:uj07

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

RSSフィード
リンク

無料カウンター
 | PCやデジタル製品についての雑記TOPへ | 
Copyright © PCやデジタル製品についての雑記 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。